セミナーで発表する男性
  • ホーム
  • ミクニの株価の急騰には仕手株の存在を疑うべき

ミクニの株価の急騰には仕手株の存在を疑うべき

タブレットで株式の情報を見る人

株取引で儲けを出す方法と言えば、安く購入した株式を高く売却する事が基本です。
そのため株価というのは、そういった思惑がぶつかり合い激しく値動きをする銘柄が少なくありません。
ですが株取引で安定して儲けを出すには、そういった値動きをしっかり先読みする必要があります。

しかも株価の先読みを難しくしている要素として、仕手株の存在にも注意する必要があるのです。
そもそもこの仕手株とは、豊富な資金力を持つプロの集団が、特定の株式を一気に買い集める事で投資家の注目を集め、株価を釣り上げようとする銘柄の事を言います。
その上、株価が釣り上がった所でプロ集団は一気に購入した株式を売却に出すため、今度は暴落する可能性が高いです。

そんな仕手株ですが、知名度の低い新興企業の株式で行うと余りに不自然に見えてしまうため、投資家の食い付きも悪くなる等、リスクが大きくなります。
なのでプロ集団はミクニの様に、古くから上場し、ある程度株価が安定している銘柄を、選ぶケースが少なくありません。
ミクニの株式ならば、既に長年、上場し続けているという過去の実績があるため、仮に株価が下降し始めても、ある程度の所で下げ止まりになるという安心感があります。

そのため、株取引に慣れている投資家は、仕手株だと気付きながらも敢えてそれに乗って株式を購入する人もいるのです。
そうしてプロ集団が売却に出すタイミングを見計らい、彼らと同じ様に売却して儲けを出します。
ただしそれは仕手株を仕掛けたプロ集団の思惑を、先読みする事が出来るからこそ、使えるテクニックだったりするのです。

なので初心者が下手に仕手株に手を出すと、売却するのが間に合わずに、大きな損失を出す可能性が高かったりします。
なのでミクニの株価が不自然な感じで急騰し始めても、初心者は手出ししない方が無難だと言えるのです。

関連記事