セミナーで発表する男性
  • ホーム
  • 大和證券株価の急騰には仕手株の存在を疑うべき点

大和證券株価の急騰には仕手株の存在を疑うべき点

日本円の札

一昔前まで、株取引と言えば、お金持ちがより資産を増やすために、行うイメージが強くありました。
ですがインターネットが普及して以降は、自宅のパソコンを使い、手軽に株取引が行える様になりました。
その結果、普通のサラリーマンやOL、主婦といった人達も空いた時間を駆使して、株取引を行う様になったのです。そんな株取引で利益を得るには、購入時よりも株価が高騰した際に、売却するといった方法が効率的です。
ですが投資家の大半がそういった形で利益を得ようとしており、目まぐるしく株価が上下する銘柄も少なくありません。
そのため、株取引で儲けるには、そんな風に複雑な値動きをする株価をしっかりと先読みする必要があります。しかも複雑な株価の値動きを、よりややこしくする要素として、仕手株の存在も無視出来ません。
ちなみに仕手株とは、投資を行うプロ集団が、豊富な資金力を活かして特定の株式を買い集める事により、投資家の注意を引き、株価の釣り上げを目論む銘柄の事を言います。
しかも株価が釣り上がった所で、プロ集団は一気に株式を売却するため、今度は株価を急落させるケースがほとんどです。そして大和證券株価が唐突に急騰を開始した際は、仕手株として利用されている疑いがあります。
というのも仕手株は、他の投資家が食い付いてくれてこそ、儲かる仕組みです。
そのため知名度のない新興企業の株式よりも、大和證券の様な信頼性の高い株式が狙われるケースが多かったりします。
なので大和證券株価が急騰した際は、慌てて飛び付かずに十分に警戒する必要がります。ただし株取引に慣れた投資家の中には、仕手株と知りつつも敢えてその株式を購入する人もいます。
プロ集団の行動を先読みし、彼らが売却する前に売り抜け、利益を得るためです。
ですが初心者が仕手株の先読みをするのはリスクが高いので、大和證券株価が唐突に急騰しても、手出ししない事をおすすめします。

関連記事